【SNS】follow me↓

こんな人におすすめ!『最強手ブレ&超ワイド』MAXレンズモジュラー2でできること【GoPro画角比較】

2023年11月27日

GoPro hero12の発売と同時に拡張アイテムの『MAXレンズモジュラー2.0』が発売されました。

多くの方が12と一緒に買おうか迷ったのではないでしょうか?

しかし、公式ストアで見ても手ブレが良くなるのと画角が広くなるのはわかりますが

正直どれくらいの違いがあるかよくわかりません。

ということでさっそく購入し何ができるか検証してみました。

YouTubeで画角の違いも比較しましたのでぜひ最後までご覧ください。

MAXレンズモジュラー2.0

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥14,000 (2024/02/24 08:49:17時点 Amazon調べ-詳細)

超広角と強力な手ブレを謳うMAXレンズモジュラー2.0。

まずは中身を見ていきましょう。

このようにケースに入っています。

ケースを外すとこのようにレンズ本体が収納されています。

他にはクリーニングクロスが付属していました。

レンズはかなり出っ張っているので傷がつかないように注意しましょう。

付け方

取り付け方法には注意点があります。

gopro本体のレンズの中とレンズモジュラーの中に埃が入らないように内側を上には向けないように取り付けます。

では取り付けていきます。

まずはgopro本体のレンズカバーを外します。

レンズカバーを軽く引っ張りながら回します。

方向はどちらでも大丈夫です。

何度も言いますがこの後、埃が入らないように注意してくださいね。

お次はレンズモジュラーを先ほどの逆手順で取り付けます。

銀の枠を本体の銀色の部分に合わせます。

合わせたら時計回りで閉まります。

外す時は引っ張りながら反時計回りです。

取り付けが完了したら設定画面でレンズモジュラー2を選びましょう。

使わないGoProのレンズカバーはこのようにケースに収納できます。

レンズカバーの内側を保護するように収納しましょう。

できること

このレンズモジュラーで最大177°とより広いMAXハイパービューでの撮影が可能になりました。

嬉しいポイントは今まで画像度2K以上でなければハイパービューは使えませんでしたが

このレンズモジュラーを使えばハイパービューよりも広いMAXスーパービューが1080pで撮影可能になりました。

またインスタグラムなどのリールの9:16の縦向きショットが向きを変えずに

そのまま撮影できるようになりました。

マウントが必要ないのも嬉しいポイントです。

そしてMAXハイパースムースという最強の手ブレ補正が使えます。

画角比較

画角の比較を動画で作成しました。

MAXがついているのがレンズモジュラー2.0の画角です。

広さの順番は 

広角→スーパービュー→MAX広角→ハイパービュー→MAXスーパービュー→MAXハイパービュー

私個人の感想はMAX広角が引き伸ばしの違和感なく広範囲を撮影できて横のばしも少なくおすすめです。

欠点

私はgoproを首にかけて釣り動画を撮影します。

しかし、このレンズモジュラーを使うと手元が映らずリールが入りませんでした。

かと言って下に向けると海面の魚眼感が強くなり違和感が出ます。

やはりレンズが突出している分、広範囲は撮影できますが近くは入らないようです。

遠い箇所は良いのですが手前の近い部分がが少し丸みを帯び魚眼感が感じられます。

またレンズが剥き出しでなんの保護もありませんのでかなり神経質になるのが欠点です。

後プリセットが一個しか選べません。

こんな人におすすめ

プロや広範囲の映像を撮りたい方におすすめです。

動画の撮影や編集のお仕事をされている方に重宝するアイテムになること間違いなしです。

またアクションスポーツなど、より高性能な手ブレを求める方は購入しましょう。

正直プライベートで思い出を撮影したり遊びで使う分には通常のGoProだけで十分だと思います。

またレンズが剥き出しになっているので管理にも神経を使います。

私は旅行でスケールのでかい景色を撮る時に活用しています。

少しでも良い映像を残したいという方であれば迷わず購入しましょう。

アクションカメラ記事⇩

【GoPro】hero11の熱暴走対策&hero12の給電長時間録画はモバイルバッテリーで解決

買うならどっち?格安アクションカメラAKASO BRAVE7vs脅威の手ブレ性能Gopro Hero10の映像比較