【SNS】follow me↓

Day8 20センチUPの鮎を連発!仕掛けトラブルとバラシに泣かされました【長良川】

【本日の釣果】

9:00~11:00 1匹 

【コンデション】

川の水も綺麗で適度な水量。

ハミ跡は少なめ。

天気→晴れ 気温→やや高め 水→クリア

9/3 白鳥地区上流域

今回は大きな鮎が釣りたいと思い。

上流の方へ行ってきました。

川の状況も安定していて釣れそうな予感。

まずはトロ場から泳がせメインで探ります。

水流も強くないのでナイロン0.2号をチョイス。

created by Rinker
オーナー(OWNER)
¥1,282 (2024/04/13 22:26:06時点 Amazon調べ-詳細)

針はシマノの虎龍の4本錨。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥3,243 (2024/04/13 22:26:07時点 Amazon調べ-詳細)

まさかこの選択が地獄の始まりになるとわ…。

仕掛けの準備ができたのでさっそくトロ場から攻めますが

反応があまりにもないので流れが強いところへ。

にしても今年はハミ跡もないし魚影も少ない気がするなー。

温暖化のせいかな?

そんな地球環境のことを考えていたら大きな当たりが!

よく引きます。

まあまあのサイズ。

こいつを囮にするのは0.2号だとちょっと不安だなー。

まいっか!

すると

またでかい当たりが!

これはでかい!

慎重に寄せていきます。

しかし、ここでミス

鮎がタモとは逆の方へ飛んでいきます。

慌てて手でキャッチ。

その瞬間

プチン

え!?

仕掛けが劣化していて切れてしましました。

デカ鮎を二匹ロスト。

その後、弱った囮でなんとか1匹釣りました。

ここでペースを掴まなければなりません。

そしてまたでかいあたりが!

しかし、痛恨のバラシ。

いいサイズだったのに。

デカ鮎は3本錨で確実にとるか、もう一個でかいサイズの針をチョイスした方がいいなー。

そして道具のチェック大事ですね。

帰って道具の手入れに励みます(⌒-⌒; )