Oakley交換用レンズMryokのサングラスの視界と偏光性能を検証【格安レンズ】

目次
Mryokについて
・レンズの視界と偏光性能
・オークリーレンズとの強度比較

比較対象

とても安く購入できるMryokの交換用レンズ。

気になる視界について検証していきます。

今回使用するモデルはオークリーのdispatch1(Mryok偏光レンズ)と

純正のsliver xlのプリズムレンズの変更です。

さて最強のプリズムレンズにどう対抗するのでしょうか!?

視界、偏光性能比較

まずはMryokのAmazon価格2685円のエメラルドグリーン(ミラー付き)です。

一番下のグレードです。

おっと?

かなり綺麗では無いですか??

先にこのレンズは透過率20〜46%なので比較対象のレンズよりも暗いですのでご了承ください。

さて凹凸はどうでしょう。

雪の輪郭がはっきり見えますね。

ただ

レンズの外側が少しぼやける印象があります。

あと内側の反射がたまに気になります。(上のグレードは軽減される??)

では世界最高峰のプリズムレンズを見てみましょう。

さすがです^^;

後ろの雪の塊どころか奥の木まで鮮明です。

ただレンズ自体の色と透過率が違うのでなんとも言えませんが…。

でもこの金額でこのクオリティのMryokもとても魅力的です。

そしてやっぱりオークリーのレンズも素晴らしい!!

自分は釣りの時はオークリー、ドライブはMryokと使い分けようと思います。